猫鍋 diary第二章 ~ラガマフィン(なぎ・テン)と暮らす毎日~

猫と暮らすことを急に思い立った猫初心者のおやじが、ラガマフィンのなぎと暮らす毎日を気ままに綴ります。

 2020年5月、定年退職を間近に控え、これからの人生をゆったりと、のんびりと
過ごしたいと願い、思い切って猫をパートナーに選びました。妻と猫(なぎ)と私、楽しい毎日にしていきたいと思います。

テンを迎えたことを機にブログタイトルをマイナーチェンジしました(もうお気づきですよね)。

最初は全く違うタイトルにしようかとも考えました。しかし、一年の積み重ねによるタイトルへの愛着もあり、「第二章」と「テン」を付け足すだけのマイナーチェンジに留めました。

テンが加わった猫との暮らしもそうですが、退職して一年が経ったことで、また一歩次に踏み出していけたらという思いを「第二章」に込めました。

これからもよろしくお願いいたします。

✴︎これからもよろしくお願いします。
41C80B04-0F58-4B72-80F2-385939EFDE9C

✴︎よくわからないけど僕もよろしくね。
FF2B1D24-1548-438C-B1C9-26C3A608F88C

最後まで読んでいただきありがとうございました。お邪魔でなければ、「拍手」の下の【 LINEで更新記録を受け取る 】で読者登録をお願いします。コメントもお待ちしています。

  妻の猫ブログはこちらです。
   http://tsukko0613.livedoor.blog/






テンの鼻は真ん中から右に向かって濃い茶色になっている。ブリーダーさんの紹介写真には「お鼻のマークは、素敵なチャームポイント」というキャプションが添えられていた。

私は猫や犬に左右非対称の模様が入っているのが好きではない。鼻の辺りに模様があるのも好きではない。その観点からするとテンの顔は苦手なはず。だがテンの写真を見た時は抵抗なく可愛いと思った。

とても不思議だが可愛いと思ったのだから仕方ない。ブリーダーさんのチャームポイントという言葉にも納得できた。個々のパーツなどは全体のバランス、印象が補ってくれるということなのだろう。

人の顔でも同じだ。好きな目じゃないけど魅力的、口元?だけど好きな顔ってあると思う。

鼻に点があるからテン、というわけではないけど、それを一つの理由にしておくのもありかもと最近は感じ始めている。

✴︎お鼻の点、可愛いでしょ。
54510570-5FEF-4948-9172-3AB89A09CE2B

最後まで読んでいただきありがとうございました。お邪魔でなければ、「拍手」の下の【 LINEで更新記録を受け取る 】で読者登録をお願いします。コメントもお待ちしています。

  妻の猫ブログはこちらです。
   http://tsukko0613.livedoor.blog/






テンをブリーダーさんのサイトで見た時、すぐにその瞳に魅せられた。ブリーダーさんの紹介にも魅了される瞳、印象的な美しい瞳とあった。

テンと初めて会った時も瞳がとても印象的だったことを覚えている。いわゆる目力が強い。見つめられるともう負けっていう感じだ。

引き渡しの時に改めてテンの顔を見ると眼の周りが歌舞伎の隈取のように濃い。その外側、特に下の方の毛が薄いブラウンなので尚のこと際立つことに気付いた。

この二つが相乗効果となり印象的な瞳になっているのだと納得。更にもう一つ濃いキトンブルーの瞳も一役買っていたと思っている。猫の眼は生後半年から1年くらいで成猫の色になるそうだ。

今は少し薄いブルーになってきたが果たしてどんな色の瞳になるのか、楽しみだ。

✴︎写真で伝わるかな?
BCF24C64-3FF7-4640-B8C7-E2A531F7F97F

最後まで読んでいただきありがとうございました。お邪魔でなければ、「拍手」の下の【 LINEで更新記録を受け取る 】で読者登録をお願いします。コメントもお待ちしています。

  妻の猫ブログはこちらです。
   http://tsukko0613.livedoor.blog/






妻のブログに「がんばれ、なぎテン!」という表記を見つけた。
http://tsukko0613.livedoor.blog/archives/11775795.html

私が何気なく「がんばれ、なぎ!、がんばれ、テン!」の方がいいんじゃないと妻に話したら「『なぎテン』という呼び方(愛称)にしたの」と妻。

なるほど、タカトシみたいな。いやいや男女ペアで男子が一つ年下だからバドミントンのワタガシペア(渡辺・東野)の方かな。

なぎテン、仲良しコンビって感じでいいな。

✴︎なぎテンだからね。
(この写真は、なぎvsテンだな)
2CC521FF-CDC4-4D01-9529-E9A901B3D544







テンを迎えるにあたり先住猫との接し方を勉強してきた。ブリーダーさんからも先住猫(なぎ)を気にかけてくださいと言われている。まずはなぎに声をかける、次にテンという感じ。

少し前から私たちがバタバタしているのをなぎも敏感に感じていたかも。なぎだけに使っていた時間がテンと半分づつになるんだもんね。

ついテンに気を取られてしまうことがあると思うので、意識してなぎの相手をするようにしなければ。なぎが一番、テンも一番でやっていこう。

✴︎今までどおり遊んでよ。
47F2C399-6FF5-4DF0-BFB3-D1F5F4A8FE00

✴︎へんな顔になっちゃった。
C7D59220-6367-4785-A228-90C1B4CBE689

最後まで読んでいただきありがとうございました。お邪魔でなければ、「拍手」の下の【 LINEで更新記録を受け取る 】で読者登録をお願いします。コメントもお待ちしています。

  妻の猫ブログはこちらです。
   http://tsukko0613.livedoor.blog/







このページのトップヘ