今日は猫の目やにについて。
目やにで思い出すのは、なぎを始めて(ワクチン接種以外で)病院に連れて行った時のこと。少食を心配して健康相談のため病院を訪れた。

先生の見立てでは、特に痩せてないのであまり気にしなくていいと言われ、ほっとしたのを覚えている。その時、先生がなぎの目やにを取ってくれた。

実は以前から気にしていたのだが何だか怖くて取っていなかった。先生がけっこう強引に取っていたので、あんなに強くしていいんだと自信?がついた。

猫の目やには人間と同じで多くなければ心配ないそうだが、せっかくの美人が台無しなので気がついたら取るようにしている。なぎは何故か目やにを取るのは嫌がらない。されるがままにおとなしくしている姿も堪らなくかわいい。

✴︎寝起きにまた取ってね。
94A06AFB-00AE-4A41-985A-B18454E51986

最後まで読んでいただきありがとうございました。お邪魔でなければ、「拍手」の下の【 LINEで更新記録を受け取る 】で読者登録をお願いします。コメントもお待ちしています。

  妻の猫ブログはこちらです。
   http://tsukko0613.livedoor.blog/