猫鍋 diary ~ラガマフィンのなぎと暮らす毎日~

猫と暮らすことを急に思い立った猫初心者のおやじが、ラガマフィンのなぎと暮らす毎日を気ままに綴ります。

2020年09月

 前回の記事でなぎの歯を妻が見つけたと書いた。その翌朝、いつものようにケージ内の水をかえていた私の目に白いゴミのようなものが・・・。
 手に取ると昨日見たなぎの乳歯と同じものでビックリ。なんと私もなぎの歯をゲットしたのだ。
 二日続けてラッキーアイテムを手に入れた私たち夫婦、きっといいことがあるよね。

✴︎口は開けないよ。
03B96CDD-5D41-4076-890F-92448303CA8E

 なぎの歯は順調に生え変わっているようだ。写真は先日あくびをした時に撮ったもの。上の犬歯が2本づつあるのがわかる。まだ乳歯が残っていたようだ。今朝、妻がなぎと遊んでいるときに犬歯らしきものを発見した。猫の歯は気が付かないうちに生え変わっていることが多く、抜けた乳歯も飲み込んでしまったりして見つからないことが多いそうだ。それ故、猫の乳歯はラッキーアイテムとのこと。大事にしまいました。
 最近は噛まれても以前より痛くないから永久歯に生え変わったのではと妻が言っていたが、その通りだったようだ。少しづつ大人になっていくなぎ、嬉しいけど少し寂しい気持ちにもなってしまう。

*大あくび(不気味でごめんなさい)。
664DB711-5CEF-4706-A842-82B056EC23D4
CB835608-7113-4039-8A61-463DEE115FBB




 ラガマフィンは人懐っこい猫種と聞いてはいたが、なぎは本当に甘えん坊さんだ。とにかくかまって欲しい感を全面に出してくる。私たちに頭を押しつけて相手をして欲しそうにするし、抱っこを嫌がることもほとんどない。
 人懐っこくて可愛いのだが、困ったこともある。以前にも増して食事を食器から食べてくれなくなったことだ。とにかく私たちの手から食べたい。食器に餌を入れても見向きもしないが、手に取るとすぐに食べにくる。どんどんひどくなっているように思う。こんな状態だとなぎを残して旅行に行くのは難しそうだ。

✴︎食べさせて。
B38F2EE3-F7C0-47F1-9E88-FC3B0F6B842E

 今日の昼のこと、なぎの声が聞こえた。餌を与えていたら途中でキャットタワーのお気に入りの場所に移動。少し休憩と思っていたら寝てしまいそうになったので慌てて食事を再開した。
 はじめは嫌々をしていたが、諦めたのか体勢を直して食べ始めた。その時「しかたないわね。」というなぎの声が私には確かに聞こえたのだ。結局は予定量以上を食べて食事は終了。
 初めてなぎの声が聞こえたようで不思議なそして嬉しい気持ちになった。

✴︎ここがお気に入りの場所よ。
E5BDB1B1-DE70-454B-BFE8-A73D88464F0F

 なぎが我が家の一員となって今日で3ヵ月。体長はわからないが、体重は約3倍になった。少しづつだが大きくなっている。歯も生え変わっているようだがゆっくり見せてくれないのでどのくらい変わったかはわからない。ただ、噛まれた時の感覚が変わってきたのでそれなりに大人の歯になったと思う。
 普通の猫はこれから成長後期になると思うが、ラガマフィンは成長がゆっくりらしいのでまだまだ前期なのかもしれない。子どもでいてくる期間が長いのは嬉しいような、早く大人になって落ち着いてほしいような、最近は微妙な複雑な心持ちだ。

✴︎ここがお気に入り。
D63E5666-7579-4C7B-871D-105A57EFC007

 前回に続き私の退職ネタです。

 昨日(9月5日)息子夫婦が還暦&退職祝いをしてくれました。お店は私たち家族の大切な節目に訪れたことのあるステーキハウス。私たちレベルでは簡単に行けない高級店です。妻から聞いた話によると、息子は自分のあるお祝いに連れて行ってもらったことを覚えていて、これまでの感謝の気持ちを表したいからとその時と同じお店を選んだそうです。ずいぶん無理をしたと思います。息子のお祝いの時よりはるかに高価なコース料理をご馳走になりました。これまでの人生で一番おいしいお肉に感動しましたが、それ以上に息子夫婦の気持ちが心に染み入りました。
 楽しい時間を湿っぽい感じにはしたくなかったので、何とか涙を堪えてお祝いの席を乗り切りました。息子夫婦と別れて妻と二人で帰宅してから、しみじみとお祝いの宴を振り返り、これからの人生を充実したものにしなくてはと改めて感じました。
 なぎちゃんも協力してね。


EB00CA92-534F-468E-93BB-AB9237CE5BE7

 今日はなぎから少し離れた私の話を中心にします。

 本日、9月3日もって定年退職になりました。再雇用は希望せず60歳で会社を辞することにしました。36年5ヵ月と3日、長かったようなあっという間のような。少し経ったら感じることがあるかもしれません。
 私は30歳の時、安倍首相と同じ病気になり2度の入院を経験、その後も十数年に亘り寛解と再発を繰り返しました。仕事に集中できない日々もありましたが、何とか定年を迎えることができました。
 妻には多くの心配と苦労をかけました。これから先の人生で少しでも妻に返していきたいと思います。
 そして、なぎちゃん。明日からはなぎちゃんとの時間も増えます。思えば定年後の生活を考えて猫と暮らすことにしたわけで、是非とも楽しい毎日にしたいと考えています。
 なぎちゃん、わかっているよね。楽しくするためにももう少しご飯を食べてね。

✴︎とにかく眠いよ。.。oO
8BD294EC-3B62-4A40-B41B-803649E8C8E3

このページのトップヘ