妻のブログに「なぎを呼ぶとき、時々間違えて息子の名前を言ってしまう。」とあった。それを読んだ時、本当かと。そして、なぎを○○○○(息子の名前)なんて呼ぶことあるかな、すくなくとも自分はないなと思った。
 ところが、午後に帰宅した妻に外出中のなぎの様子を話そうとしたとき、つい「○○○○(息子の名前)が」と言ってしまった私。まさかの自分でもびっくりした時間が過ぎた。そして妻と大笑い(苦笑い)した。順調に年を取っている感じが少しショックでもあり嬉しくもあった。なんて平和な午後だろう。

*なぎ、スツールの下で眠くなる。
1DD2E518-0246-4E57-9B9F-DC7EBCB28E6D