夜、寝る時間になるとなぎはケージに入れられる。朝まで自由にさせておくのは少し心配というのが理由だ。妻とは近いうちにケージから解放してやろうと話していた。
 そして昨夜、なぎをケージから解放して初めて夜間放牧?することにした。
 就寝時間となり、まずはケージに入れて部屋を暗くし少し落ち着かせる。その後、ケージから解放した。
 なぎは暗くなった部屋を歩き回っていたが、私が部屋を出ようとすると慌ててドアのところについてきた。そして閉められたドアの前でじっと私を見ていた。少し寂しげだ。私は後ろ髪を引かれつつ寝室に。
 私たちを呼ぶ鳴き声は聞こえなかったので一安心。なぎのことを気にしながらベッドに入った。ケージから解放されたなぎはどこで寝るのだろう、興味津々だ。
 朝、なぎを見に行くともうドアの前でちょこんと座って私を待っていた。それはそうだよね、なぎの方が早起きだから。ということでなぎがどこで寝ているのかはわからずじまい。夜中に見に行っても明るくはできないし・・・。なぎの寝床は謎のままだ。

✴︎ここでは寝てないよ(たぶん)。
21335E8D-533F-485C-9E3A-F169741E2DF1