なぎの存在とは、という問いに対して、まずは日常生活で変わったこと(客観的)をあげたい。

 外出時間が減った:コロナ禍で買い物や外食の機会は少なくなっていたが、なぎが来てからは一段と減った。外出する際もなるべく早く帰るようになった。
 旅行に行かない:これもコロナ禍の影響も大きいが、なぎが来てからは二人での旅行は一度もない。
 ペット番組を見るようになった:これまではペット番組を見ることなど全くなかったが、最近は頻繁に見るようになった。
 写真を撮るようになった:日常的に一眼レフでなぎの写真を撮るようになった。もちろんスマホではやたら撮るのでスマホはなぎの写真だらけ。  などなど。

 半年前までは猫を飼うとは全く思っていなかったので、定年退職後は夫婦で旅行をしたり、平日に映画を観たり、美術館や博物館に足を運んだりという生活を想像していた。その想像とは全く違う毎日を送っているが、もちろん不満は微塵もなく幸せな気持ちでいられることに感謝している。

✴︎私のおかげでしょ。
41B69FA1-1B0F-40B3-85DA-79D02503C425