猫鍋 diary第二章 ~ラガマフィン(なぎ・テン)と暮らす毎日~

猫と暮らすことを急に思い立った猫初心者のおやじが、ラガマフィンのなぎと暮らす毎日を気ままに綴ります。

タグ:カナガン

 今日の昼からご飯はふやかしたカナガン。食べてくれるか心配だったが、全く問題なかった。
 昨日のように家具の下に隠れることもなく元気に動き回っている。そして、妻の肩に顔を寄せて居眠ったり、私の指を触ったり舐めたり、もうたまらなく可愛い。1ヶ月くらい馴染めない子もいるそうだから、なぎは優秀かもしれない(親?バカ)。
 今、一番の問題は扇風機のコードを噛むこと。コードを噛むとケージに入れられる刑(出入口は開いている)が待っているのだ。今晩もニャンニャン夜泣きをするのかなぁ。

6月14日22時55分 体重731g

*なぎ、妻の肩に顔を寄せて居眠る。
0AA27C6F-91F5-4464-BFFF-F0FAA0514098

このページのトップヘ